髙松瑞樹(Mizuki Takamatsu)

「7分間の芸術作品」と呼ばれる
日本語競技、弁論。
”弁論ガール”こと髙松瑞樹の
プロフィールと活動をまとめた
Official Websiteです。







公式ブログ「ブシカベンシカ!」

プロフィール

髙松瑞樹/たかまつみずき

1995年北海道生まれ。
弁論ガールとして活動中。「誰もが年齢に関係なく夢を語る社会を作る」ため、日本の伝統的な「弁論」文化をアップデートし、その魅力や効果を発信している。弁論活動のため大学を1年間休学。全国各地で講演や弁論講座(学校向け)、研修や社内弁論大会(企業向け)などを実施し、日本最年少の企業研修講師と呼ばれている。今後は弁論の漫画(小説)を執筆予定。日本に弁論ブームを起こすことが目標。

【講演・研修実績】
大江電機株式会社様
株式会社イシダ様  
株式会社タダノ様
株式会社SEBACS様  
株式会社堀場テクノサービス様
富士ゼロックス株式会社様
石川県立能登高等学校
(高校生向け弁論講座)
まちなか鳳雛塾
(中学生向け講演会) 
江別市役所(新人研修)
PTA連合会
(保護者向けワークショップ)
その他多数

【その他】
「みんなの夢AWARD7」
 ファイナリスト

「MAKERS UNIVERSITY」
 4期生

「G1カレッジ」
 4期生・5期生

「第一回高松杯全日本弁論大会」
 主催者


髙松瑞樹のTwitter
(@Benron_mzk)

SNSやAIの時代だからこそ、
アナログな空間で心震わす”弁論”を

自分の頭で考えて
自分の言葉で表現して
相手の心を動かすチカラ

小学生でもスマホ1台あれば世界と繋がることができる現代。友人や家族への「ありがとう」さえもスマホのメッセージで済ませていませんか?分からないことはすぐに検索していませんか?
ネットで検索しても見つからない「自分とは何か」「なぜ生きるか」を徹底的に自分の頭で考える。何十回も何百回も原稿を書き直す。そして自分の”肉声”で目の前にいる人々に向かって話す。

”超アナログ”なコミュニケーションの形である「弁論」は、”自分の言葉で相手の心を動かす”という人間の武器を磨いてくれます。

「弁論」とは?


「弁論って何?」

まず最初に、皆さんに聞かれる質問です。
結論から申し上げると、
組織や大会ごとに定義が異なるため、
「弁論とは〇〇だ!」という
1つの答えはありません。

例えば、日本弁論連盟によると弁論は
「自分自身の意見を自分自身の言辞で
自分自身が発表すること」です。


私にとって弁論は、
「華道」や「茶道」そして
「弁論道」と名付けたい
日本の伝統的な雄弁文化です。


花を活けるという行為、
お茶を飲むという行為と同様、
「弁論をする」という行為自体が
目的ではありません。


そのプロセスで精神性を高め、
人として成長するための

「道」であると考えています。

「自分とは何か?」
「なぜ生きるのか?」

自分と徹底的に向き合って書く原稿。
”自分の言葉”で伝える7分間。
そんな弁論はまさに「生き様」です。

「弁論って難しそう……!」
と思ったそこのあなた!大丈夫です。

弁論のプロセスは作詞、作曲、練習して
ライブ出演する「音楽」
にとても似ています。

テーマも、社会問題だけではなく
自分の経験や趣味について
自由に語ることができます。


中高生だけではなく、大学生や社会人の方々が
「弁士」として弁論大会に出場しています。


【参考記事】
超便利!「弁論って何?」と聞かれたときの答え方7選【所要時間・ターゲット別】

ディベートやプレゼンとの違いは?」

ディベート

●タイムテーブルに則り発言する
●あるテーマについて肯定側・否定側
 2チームに分かれ議論する
●第三者が勝ち負けを審査
●「論破」するのではなく
 「説得力」を競う
個人の主義・主張は持ち込まない

弁論

約7分間という制限時間の中で、
 自分の経験、価値観や想いを発表
 する個人競技である
原稿を作成し、暗記する
●審査員が採点し、順位が決まる
●口調に特に決まりはないが、
 普段の話し方や地声とは違う
 弁論口調が多い
●基本的に声と表情のみで聴衆を
 惹きつける

※組織や大会によって異なる。

プレゼン

制限時間や話し方に
 厳格なルールはない
 ※ビジネスコンテストなどを除く
●普段話している声の大きさ、
 スピード・トーンと大差ない
●噛んだりミスをしても問題視されない
アドリブ即興で話すこともある
●聴衆に質問を投げかけたりする
パワーポイント資料を使用する

弁論のメリット

考える力

自分自身について、社会について、哲学や恋愛について。自ら問いを立て、論理的・批判的に考える力が身に付きます。答えがない問題に対して、自分なりに新しいアイディアを生み出すという経験は、社会人になってからも役立ちます。

書く力

正しく、美しい日本語で、しっかりとした文章(約1600文字~2000文字前後)を書くことで、高い文章力が身に付きます。限られた文字数の中で1文字も無駄が無いよう1つ1つ言葉を選び、原稿を完成させるため、小論文やレポート、論述試験対策にもなります。

話す力

友達と話すときの口調や地声ではなく、だからといって演技でもない。アナウンサー口調とは違う、その人の声や性格に合わせた”弁論口調”を身に付けることができます。重要なプレゼンや面接、プライベートで自分の想いを限りなく100%伝えたいときに役立ちます。

人間力

弁論作成のプロセスで「自分はなぜこう考えたんだろう?」「自分にできることは何だろう?」と徹底的に自分自身と向き合うため、将来の夢は何か、なぜ働くのか、なぜ生きるのかを深く考えることができます。
自身のストーリーを弁論として発表することで、アクションを起こすきっかけとなり、聴いている人々にも影響を与え、人として成長することができます。

「弁論×〇〇」の
可能性は無限大

弁論×学校

祖父母や両親の世代では当たり前だった「校内弁論大会」。都道府県によっては、弁論大会に出場する機会に恵まれない中高生、そして大学生が数多く存在します。基礎的な国語力や思考力が身に付き、自己分析にも繋がる弁論を、あなたの学校にも導入してみませんか?

弁論×企業

社会人として年齢を重ねれば重ねるほど、辛い経験や成功体験を積んでいきますが、そのエピソードを大勢の前で語る機会は少なくなります。新入社員からベテラン社員まで、自分の生き方と会社への想いを語る「社内弁論大会」を全国各地の企業に広めていきます。

社内弁論大会
新人研修の実施例

弁論×地域

自分の住んでいる地域の課題や魅力を「弁論」を通して発信してみませんか?例えば、北海道では北方領土問題を考える弁論大会が毎年開催されています。
 地域のお祭りやイベントと同時開催し、その地域のグルメを楽しみながら「ふるさと自慢弁論大会」を見るのも楽しいかもしれません。

弁論ガールの活動内容

セミナー・講演活動

社内弁論大会
(企画・講師)

社会人向けの「社内弁論大会」の企画、出場される社員向けのレクチャー、当日のサポートや審査、講演を担当させていただきます。



イベントに登壇
弁論披露

イベントやパーティーにて実際に「弁論」を発表します。「○○について弁論してください!」など事前にテーマや情報をいただき、ご相談の上、原稿を作成し約7分間の弁論を準備いたします。

社内弁論大会

研修

ヒアリング内容をもとに大会までのスケジュール、テーマ(例:創業〇〇周年に向けて)を設定します。その後、大会に出場される社員さんを対象に、原稿作成、表現練習方法などを基礎からレクチャーします。大会当日までのスケジュールによっては、メール等で原稿の添削・アドバイスも行います。

リハーサル・審査

本番の発表に向けて、マイクの使い方、立ち位置などを確認し、最終リハーサルを行います。また当日は審査員として採点・講評、大会前後に「弁論」について講演させていただきます。

発表・表彰

会社や業務についての話はもちろん、自分はどのような人生を歩んできたか、なぜ生きるのか、全社員の前で本気で語ります。若手社員の熱い想い、ベテラン社員の教訓は全社員をモチベートします。仕事のやりがいを改めて実感するきっかけや、企業内リーダーの育成に繋がります。

新人研修(弁論講座&プチ弁論大会)

弁論講座の様子

チーム戦!

弁論講座では一人一人がオリジナルの弁論を作りますが、個人戦ではなくグループワークが中心のチーム戦です。お互いに文章や表現をブラッシュアップし協力しながら自分の、そしてチーム代表者の弁論を作り上げます。

まずはグループ内で弁論発表(予選)→代表者を選出→本戦に向けて、全員でアイディアを出し合います。「感動した!」「悔しい!」という声がたくさん上がるほど盛り上がります。

審査結果発表&表彰

弁士デビュー!

グループ内での最終ブラッシュアップを終え、いよいよ「プチ弁論大会」です。2~3分程度で自分の経験、キャリア、夢などについてテーマを設定し、様々な弁論してもらいます。笑いが起こったり、「お~!」と大歓声が上がったり。

 「弁論とは?」からスタートし、弁論を学び、弁論を作り、実際に発表するというハードなプログラム。しかし、後半は誰もが弁論を”教える”立場になり、全員が立派な”弁士”になります。

最大30名程度まで実施できます!

研修後のサポート!

弁論を発表して終わり!……ではありません。発表した後の振り返り、そして実際の行動が非常に重要です。数か月後に改めて自身の弁論を振り返ることで、目標の達成度や変化をチェックする課題などをご用意しております。

また、研修で作成したプチ弁論原稿を活かし、フルバージョンの原稿を作成してくださる方も大歓迎です!ぜひ社会人向けの弁論大会に挑戦してみてください!

よくある質問

Q
講演・研修の料金はおいくらですか?
A

プログラム内容、参加者の人数、時間によって変動します。
ヒアリングをした上でお見積りをさせていただきますので、お問い合わせください。

【料金目安】
弁論講座・研修 10万~
講演 3万~
※別途交通費と宿泊費をいただく場合がございます。

Q
弁論に興味があるけど、人前で話すのはちょっと抵抗が……
A

アットホームな雰囲気の中、参加者同士で楽しみながら参加できるプログラムをご用意しております。
「文章を書くことが苦手」「人前でスピーチをした経験がない」という方も、参加後は
「自分もやればできるかもしれない!」「弁論大会に出場してみたい!」と言ってくださり、
私自身も驚くことが多いです。

また、「必ず発表しなければならない」「全員の前で、一人で話さなくてはならない」
というルールも一切ございません。「とりあえず原稿を書いてみたいな」
「人の弁論を聴いてみたい」という理由で構わないので、ぜひお気軽にご参加ください!



Q
講演・研修の料金はおいくらですか?
A

プログラム内容、参加者の人数、時間によって変動します。
ヒアリングをした上でお見積りをさせていただきますので、お問い合わせください。

【料金目安】
弁論講座・研修 10万~
講演 3万~
※別途交通費と宿泊費をいただく場合がございます。

あなたも「弁士」になってみませんか?


必要なものは、自分の”声”だけ。

自分の好きなこと、
誰かに伝えたいことを7分間で語る。

大勢の人があなたの弁論を聞いて、
笑ったり、感動したり、
大きな拍手をくれる。

話している人の人生も、
聴いている人の人生も豊かになる。

一生に一度だけでも、
そんな経験をしてみませんか?

全国各地の学校、自治体、企業に
弁論ガールが訪問します!



イベントのお知らせ

   「第一回高松杯全日本弁論大会」

平成最後の新年に
「高松杯」全日本弁論大会、誕生。

<実施概要>

大会名:第一回高松杯全日本弁論大会

開催日時:2019/1/12(土)
     13:00~17:00
会場:高松テルサ 1Fホール
 (高松市屋島西町2366-1)

   
主催:髙松瑞樹(弁論ガール)

「高松杯」公式サイト

お問い合わせフォーム

講演・お仕事の依頼はこちらの
フォームにご入力ください。
※質問やご相談でも構いません。
※Facebookのメッセージからでも
お気軽にどうぞ。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信