WORKS

社内弁論大会
(社内イベント)

▶国内外に拠点を展開する創業70周年の総合商社様

「社員に夢を語ってほしい」という社長の想いを受け、2017年『70 and over 100』をテーマに社内弁論大会を企画・開催。それ以降、ビジョン浸透及び全社員のモチベートを目的に毎年社内行事として開催しています。

「社内弁論大会」では、事前に出場弁士を対象に「原稿作成」「表現練習」の事前講座を実施。大会当日まで伴走します。

自分はなぜこの会社にいて、何のために働くのか。本気で語る本人はもちろんのこと、全社員の心が動く瞬間です。

「弁士」育成合宿
(新人~若手社員)

▶世界シェア推定25%(※)の大手建設用クレーンメーカー様

学生から社会人へのマインドセット及び目標設定を目的として、4社合同の「異業種交流研修」を若手社員約30名対象に企画・実施しました。

「個人戦」のイメージが強い弁論ですが、グループワーク中心の「チーム戦」としてカスタマイズ。1泊2日間、原稿作成・表現練習に取り組むことで、ゼロから作品を「共創」する原体験を得られます。また、受講者一人ひとりに深い内省・内観を通した自己理解とマインドセットを促します。

最後のアウトプット「プチ弁論大会」では、「感動した!」「悔しい!」という歓声がたくさん上がるほど白熱します。もちろん「弁論すること」がゴールではありません。研修後、振り返り課題などに取り組んでいただくことで、設定した目標の達成度や変化を測定します。目に見える成果物(=原稿)が残るからこそ、見返す度に初心を思い出すことができます。

※2019年2月時点

オリジナル研修の企画・実施
(中堅~管理職)

▶「国内シェアNo.1」サービスを展開する東証一部上場企業様

階層別・職種別の概念なし!社長、管理職、リーダー、若手社員合同で、個人のVision・Mission・Valueを7分間のストーリーで語る研修を企画・実施しました。

日々の業務の中で「過去・現在・未来」を振り返る機会はなかなかありません。それらを言語化・可視化し、お互いの価値観や原体験を共有することは、チームでプロジェクトを成功させるカギとなります。

お酒ではなく「弁論」を言い訳に自己表現をする場をつくります。毎日一緒に働いているけど、意外と知らない上司の、部下の、同僚の本音、聴いてみませんか?

伴走型の長期PJ
(個人・経営者)

▶ビジコンの全国大会優勝実績あり。学生から経営者まで「言葉」に関するお悩みを幅広くサポート

「社員の心を動かすスピーチをしたい」
「重要なプレゼン原稿を推敲したい」
「自分の言葉で自分らしく表現したい」

一人ひとりのニーズや課題に合わせたオーダーメイド型の個別レッスン(オンライン)を企画・実施しています。回数や期間も応相談です。これまで若手起業家、ベンチャー経営者、大学生や「習い事の一環として」という社会人の方まで、幅広くサポートさせていただいております。

What's BENRON?
「弁論」とは?「ディベート」「プレゼン」との違い

ディベート(討論)

肯定側・否定側の2チームに分かれて行う競技です。
 個人の主義・主張は持ち込みません。

【特徴】
・ある公的なテーマについて議論する  
・「論破」ではなく「説得力」を競う 
・タイムテーブルに則り発言する 
・第三者が勝ち負けを審査する  

【類義語】「ディスカッション」     
自由な意見交換や話し合いなど、
ディベートよりも広義

弁論

約7分間の制限時間内、
マイクの語る伝統的な日本語競技です。
個人の原体験や感情を交え、
聴衆もしくは自分自身に届けます。

【特徴】
・公私問わず、自由にテーマを設定する
・制限時間は約7分間(~10分間)

・原稿を作成し、練習・暗記する
・審査員が採点し、順位が決まる
・必ずしも目的があるとは限らず、  
 また答えがあるとも限らない
・原則、声のみで聴衆を惹きつける  

【類義語】「演説」      
福沢諭吉が「スピーチ」を      
「演説」と訳し、その必要性を
唱えたことが通説。
→これを競技化したものが「弁論」

プレゼン

個人またはチームで行いますが、
原則ルールや競技性はありません。
(※ビジコンなどを除く)

【特徴】
・聴衆の共感を得たり、行動変革を促すことをゴールとする
・目的を達成するために効果的に伝える
・質問を投げかける等、インタラクティブなコミュニケーションを図ることも可能
・パワーポイントや資料を活用するため、視覚情報の割合が大きい

【類義語】「ピッチ」      
主にビジネスの場において、     
短い時間で簡潔に行うプレゼン

PROFILE

髙松 瑞樹
(Mizuki Takamatsu)

1995年北海道札幌市生まれ。2015年より「弁論ガール」として活動。弁士歴10年目。日本の伝統的な日本語競技「弁論」を社会実装すべく、その魅力や効果を発信している。大学在学時から全国各地で講演や弁論講座(学校向け)、研修や社内弁論大会(企業向け) などを実施。2019年1月には日本で唯一年齢制限なしの「第一回高松杯全日本弁論大会」を主催。今後は弁論の漫画と小説を執筆予定。


    <講演・研修実績>


▶企業・法人向け

大江電機株式会社様/株式会社イシダ様/株式会社タダノ様/株式会社SEBACS様/株式会社堀場テクノサービス様/富士ゼロックス株式会社様/株式会社PR TIMES様/特定非営利活動法人LES WORLD様

▶学校・地域向け
石川県立能登高等学校(高校生向け弁論講座)/ まちなか鳳雛塾(中学生向け講演会)/江別市役所(新人研修)/PTA連合会(保護者向けワークショップ)/ 北海学園大学 学生・社会人向けセミナー「弁論のススメ」/『われ壇上に獅子吼する 青年弁論の世界から』出版祝賀会 記念弁論/高校生向け弁論講座(2020年~)

▶その他
・「第60回文部科学大臣杯全国青年弁論大会」 優良賞・毎日新聞社賞 その他弁論大会の受賞歴多数
・「みんなの夢AWARD7」 ファイナリスト
・「全国講師オーディション」TSUTAYAビジネスカレッジ賞
・「高松杯全日本弁論大会(2019年~)」 主催
・学生弁論大会・高校弁論(県大会)審査員など
・「MAKERS UNIVERSITY」 4期生

▶ 公式Youtubeチャンネル

CONTACT

お仕事のご依頼はこちらのフォームにご入力ください。
※質問や相談ベースで構いません。
※DMやメッセージからもお気軽にどうぞ。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信